So-net無料ブログ作成
検索選択

寄り道長編レポ/2016-10-21 わからん屋! [ライヴ・レポート]

豊郷小での
イベント時期になると
必ず思い出すのが、

3年前そこで共演した
強烈なバンド、
ザ・ウドニーズの
イカ様さんの事だ。

群馬県の桐生市などで
活躍中のバンドだが、
リーダーのイカ様さんは
幼少期を滋賀県で育ち、
その豊郷小に通学してた
時期があるそう。

当日は話す機会は
ほぼ持ててなかったが、
イカ様さんとは後日に
メールで連絡を
取り合えるように。

公式サイトでの
彼のwebダイアリーである
麺バカ日誌は
ほぼ毎日更新されている。

時々思い出したように
覗いて読み進むのだが、

つい先日も、
この自分のライヴレポを
作成する段階になって、
ついつい麺バカ日誌を
ずずずーっと、
遡り読みしてしまった。

彼の日記は、なぜか
1行あたりの文字数が
異様に少ない。

おそらくガラケーにて
大きめのフォントにて
文面作成しUPしてる、

もしくはパソコンでの
入力ウィンドゥを
短冊のように
超細い縦長にして
文面作成しUPしてる、

としか
推測出来ない。

ただ そのおかげもあり
読みやすく、
ついつい何日分も一度に
読んでしまう。

結局、ライヴレポも
進まぬまま、
麺バカ日誌ばかりを
読んでいた。

今回は自分のライヴレポも、
ほぼ そのスタイルを
マネして書いてみました^^

豊郷小の分のレポでは
ないのですが(^△^)

前置きおわり。

---《ライヴレポート》---

2016年10月21日(金)
 19:30~
at 京都・わからん屋
vs 金沢栄東, コージー・のむら


河原町二条のビル5階に
あった"どん底ハウス"が
閉店し、
マスターと共に
機材や備品の引越し作業を
行なって、

そのまま荷物の行先も兼ねた
わからん屋へ出演移行を
させて貰い、
早くもまる4年経つ。

祝えるほど自分の技量が
進歩したとは言えないが、
感謝の気持ちをもって
臨みたいと思います。

《共演者紹介》

対バン共演のひとりは
その わかレギュLive初回に
御一緒させて頂いた
金沢栄東さん。

初回以来の対面だが、
思いをそのまま歌に発せる
心と歌の一致した感じや、
好い意味でのピーンと
張りつめた感じ、
比べると自分がはずかしい
ばかりである。

20161030forBlog-02.jpg
(↑ 金沢栄東さん)

そしてもう一組の対バンは
コージー・のむらさん(Vo, AG)、
サポートに謎之闇子さん(Cho, Pf)。
前年11月以来の共演である。

いつになく珍しく
幼少期に茶の間で流行ってた
歌謡曲を次々代わる代わる
行なってるなと思ってたら、
なんでも近々誕生日だと
いう事で、自身の生まれ年の
ヒット曲メドレーを
選曲したということ。

20161030forBlog-03.jpg
(↑ コージーさん&闇子さん)

僕 大江マサキは、今回
トップバッターにて
出演いたしました☆

《おーちゃんステージ》

M1 2J-02
 (作詞・作曲:大江マサキ)

この歌でさえ、
もうステージで演り出して
1年半になる。
わからん屋のマスターの、
「月に1つは新曲を作る事」を
奨めてる話が頭をよぎる。

M2 ウサギみたいな女のコ
 (作詞・作曲:大江マサキ)

丁度わからん屋での
初回ライヴ時は、
新曲で初披露となる
本曲が出来たばっかりで、
当日は大きなカンペ歌詞を
広げて唄ってたことを
思い出します。


そんな話を交えつつ、
つぎの3曲目では
出来たての新曲を行なう
予定でした。
(じっさい唄い出しました)

おーちゃんあるあるでは
歌詞のトぶ失敗が大変多く、
今回特に念入りに、頭に
叩き込んでたのですが,,,

信じられないことに
事前に何度も練習してた
メロディ側がトンでしまい、
断念してしまいましたm(_ _)m
(メロディーがトンだのは
人生初めてです)

結局は叩き込み方(練習量)が
足りなかったのです。
反省反省反省。
すみませんでした。

M3 すごい口紅
 (作詞・作曲:大江マサキ)

結局、選曲から外れていた
おなじみオリジナル曲を
唄うことに。

M4 ヘッドライト
 (作詞:阿久 悠/作曲:徳久広司)

先述の豊郷小でも 今秋
この曲をカバーしました。
コージーさんとの対バン時は
偶然とは言え超難関な配列の
ハモニカばかり登場します。
この曲までに、舞台上で
ハモニカがホルダーごと
何度も椅子から滑り落ちて、
今回の難しさを象徴してる
ようでした。
僕が今回の金沢さんのように
上達するには何年も何十年も
かかりそうです。

M5 長い道
 (作詞・作曲:大江マサキ)

またオリジナル曲に戻り。
今回は昔期の自作曲を無しでの
選曲にこだわってました。
この歌の旋律を口ずさんで
もらえてるということが
たまにあって、
それもすごくうれしいです。

M6 空気みたいな女の子
 (作詞・作曲:大江マサキ)

速いので忘れがちですが、
この曲もウサギ同様、
四分の三拍子です。
こんな風に曲ごとのリズムの
バリエーションも、色々と
増やせてゆけたらと
思っています。

20161030forBlog-01.jpg

----------

今回の新曲での反省も
さることながら、
その反省の本質が毎回さほど
変わってないことも、
自分には大きな反省でした。

この先もライヴ出演は
続きますが、
少しずつ 準備の仕方の
体質も改善してゆきたく、
良質のものを
行なってゆけるよう、
頑張りたいです。

そういえば文頭で書いた
ザ・ウドニーズのイカ様は
僕と同じ学年。
ほぼ毎日日誌を上げる、
そのフットワークの軽さ
ならびに実行力の連続。

頑張っているひとは、
遠く離れた仲間でも
共演者でもお客さんでも
お店でも、
やはり励みになる。

それらをいっぱい吸収して
増幅して、
お返し出来ますように。

日誌読んでよかったのだ。
今回は、別の人が書いたかと
まるで思われそうな、
変型ライヴレポでした☆

ご来場ご観覧、
応援いらして下さった方々、
ありがとうございました♪♪

---《ライヴレポート・終》---

…次回の わからん屋での
レギュラーライヴは、
12月9日(金) 19:30~
共演は、つき さん、西堀ゆきお さん。
5月にもあったぞ、
この組合せ(笑)。
前回よりもさらに良質を
目指してガンバリマス!!

そして それまでに、

ついに超地元の桂駅近辺で!!
11月5日(土) 開場16:30~
STUDIO 909 での
Heart Beat Live 2016
(合同ステージも特訓中☆)
や、

滋賀でのトーナメント勝抜戦
11月6日(日) 12:30~
守山・CROSS ROAD での
ヨコズナ フォーク
(チケットほぼ完売)や、

アメ村での師走日曜昼下がり
12月4日(日) 13:00~
大阪・Ganesh Cafe での
『うさじゐ企画X'mas LIVE
や、

そして日頃のサブパフォや
飛び入り出演など…
熱意的に頑張ってきます♪

どうぞよろしくお願いいたしますv(^-^)v

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 4

イカ様

ご無沙汰しております。
日記はパソコンで、エクセルに書いてから
コピーで貼り付ける事が多いです。
複雑なことはできません(笑)

豊郷小ライブは、今でも16年間の
ベストバウトだったのでは
と思う事があります。
主催の皆様、共演者の皆様、
そしてお客様と創り上げたあの空間には、
必要なものが全部
詰まっている気がします。
あんな経験はなかなか出来ませんね。
強烈すぎて
昨日のことのように思い出します。

by イカ様 (2016-11-22 20:24) 

おーちゃん

イカ様 さま

わー!!お久しぶりです!!
まさか御覧になってないと思って書きましたのに(^▽^)
 
ますますの御活躍、何よりです♪♪ 森くまの皆も相変わらず元気に楽しくやっております(o^^o)

僕は今秋の豊郷小では、「イルカにのった少年(城みちる)」と「ヘッドライト(新沼謙治)」を演りました☆
 
麺バカ日誌、ロングレンジで時々一気に覗きます(^^)
あ、「エクセルに書いてから」も充分変わり種かと思います(笑)

      大江マサキ
  / \
\|^^|/
  ||||

by おーちゃん (2016-11-22 22:04) 

イカ様

うちの家族(私以外)は新沼謙治が大好きなんです。妻の車にはベスト盤が入れっぱなしで、乗ると必ず流れます(笑)
私は秀樹派なので、ブルースカイブルーが忘れられません。

多分、15年前に日記を始めた頃は、ネット料金が接続時間で加算されて、結構高かったので、どこかに書いてから貼り付ける、というのをやり始めた気がします。それをいまだにやってるんですね。進歩がないです。
by イカ様 (2016-11-23 08:32) 

おーちゃん

イカ様さま☆ ご家族、新沼謙治さんがお好きなのですねっっ♪♪(お子さまもですかっ!?!?! ^^)
僕も昔から新沼さん大好きなのです(^o^) 「おもいで岬」「津軽恋女」や、そして勿論ヒデキも カバー曲ではよく歌います♪

昔は接続秒数がそのままネット料金でしたよね(笑) 友人も、HP閲覧はPCにページ保存しといて後からゆっくり見ておりました(^▽^)
by おーちゃん (2016-11-23 14:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: