So-net無料ブログ作成
検索選択

3/18森くまフリーライブ振り返り

今日もすこしブログ更新いたします(^^)

と言うことは、前日の投稿文章に則れば、
現在は猛特訓のあとの気分転換の最中っ
ってコトになりますが、ほぼその通りで ^o^

そして宣伝も少々兼ねております(露骨,,)♪


自分の出演時には毎回必ず録音してますが、
最近、その録音を
聴き返さない場合が、時々有ります。

 ひとつの場合は、
絶好調にすごく楽しくて、
ありがたく評判も好かったライヴだけど、
ハジケすぎてて、聴き返すのがコワイ場合。
 …例えれば、忘年会で裸で踊ってた写真を
あとから見るようなものなのでしょうか。。

 そして もうひとつは、
(唄や演奏で)絶対にうまくバシッと
キメたかった、にもかかわらず、
トチッてしまったりキマらなかった時、、
 聴く事で改善出来るなら別でしょうが、
まずくやしいですよね。


この3/18の森くまフリーライブは、
上記の例では後者に属する結果でした。

とは言っても、全体的には好い感じで演れて
そして ごく部分的に、
トチリがあまりにもくやしいパターンです。


4つ前の投稿「3月のおーちゃん [伴奏編]
にて、宣伝してましたように、
この日は8ヵ月ぶりにカオリンさん歌唱への
伴奏でしたp(^o^)q

昨年10月の主題歌ライブで延期になり、
本年1月のフリーライブで中止になった、
その2曲をようやく行なえるリベンジ戦♪♪

一つは映画ドラえもんの「YUME日和」、
こちらは以前も何度か行なってる事もあり、
そんな大きな問題はなかったのですが、

問題は、念願のようやくの本格初披露の
「キャンディ キャンディ」でした。
この曲、一番が終わって間奏の直前に、
「ソ ファ# ラ ソ
 シ ラ 高ド シ
 高ファ# 高ミ 高ソ 高ファ#
 高ラ 高ソ 高シ 高ラ」
なる、16分音符16個連続の1小節があり、
ここが最大の難関であった。

ストリングスのパートを、ギター伴奏での
コードを弾きながら混ぜようという、
これまたコロムビア・オーケストラへの挑戦
の一環だったのだが、
あまりにややこしい左手の動き(自分で考え
ました)が本番で追いつかず、
少々ズルズルとなってしまった。。

気合いを入れていただけに余計くやしいが、
結局は特訓量がマダ足りなかったのだろう。
(自分の身の丈に合った演奏レベルか否かは
考えないことにします)

おそるおそる録音を聴き返せば、
伴奏は 客席の皆さんの手拍子や
マラカスやスプーン(≧∀≦)の
盛り上げの音にずいぶん消されて、
けっきょく幸か不幸か、
自分以外には失敗もさほど判らない。
これがもしバッチリきまってたとしたら、
逆に賑やかすぎるのをくやしく思うのかも。

いつかまたこの歌をカオリン選手と
行なわせてもらって、その時には
バッチリきめたいものだ(^^)

そして、来たる昭和歌謡ライヴ(伴奏)では、
本曲はメニューには入ってませんが、
当日、各曲のトチリを限りなくゼロに
近づけるために、
そうしてカオリン歌唱を引き立てるべく、
もっか早々から念入り練習中の
おーちゃんなのでございます♪

20170405forBlog-01.jpg
(↑ 2017-3-18 森くまフリーライブ から)
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: